1. ホーム
  2. ≫ 海外旅行は保険に入っておくべきか?

海外旅行は保険に入っておくべきか?

海外旅行の危険性と保険

海外旅行に行くとなれば、楽しいことばかりを想像してしまいますが、海外で日本人がトラブルに巻き込まれるケースは少ないとは言えません。

ただ、海外旅行と言っても、お出掛けになる国によって、どんな問題が起きるかは違います。

今最も厄介なのはテロです。

ボストンでも自爆テロがありましたし、中国韓国でも対日関係が悪化しているために日本人旅行者が行くと危険な地域もあります。

中近東も不安定ですので外務省の渡航情報を確認しましょう。

こうした事情から傷害保険に加入をできるクレジットカードが多いというわけです。

私の出身の大学は毎年、東南アジア、カンボジアやフィリピン、ミャンマーに生徒をボランティアとして送り出すツアーを組んでいます。

これらの地域では洗うときの水が汚れていますから、マラリア、水の汚染が深刻でカットフルーツも食べられません。

こうしたこともあるので病院などにすぐに行けるサービスのあるクレジットカードを持っていた方がいいでしょう。

ただあまり奥地ですとカードは使えないので、キャッシング機能があるものを選ぶ方も多いです。

ところであなたは保険には入っておいでですか。

海外では日本とは条件が違うので、専用の保険が必要です。

傷害保険、荷物の盗難時の保険などが大切ですね。

こうした保険は通常旅行代理店が決めてくれますが、単身で海外に行く場合、そのフォローが無い、もしくはやや保険料が高いということがあります。

クレジットカードの中には海外旅行のための保険加入の手続き代行を行ってくれるサービスが付帯していることも有ります。

信販会社によって保険の内容が違いますので、確認をしておくと安心です。

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。